<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スパムメール | main | 文書を共有しながらの会議 >>

Excel2010:集計&グラフ表現便利技

Excel2010:集計&グラフ表現便利技読み終わりました。

いくつか知らなかった便利技があったのですが、本自体を会社に持っていくほどではないなと思い、ここに備忘録することにしました。

以下、本を参考にまとめ。
■参照演算子
 スペース一つ スペースで区切った2つのセル範囲に共有する部分を参照する
 ex.A2:D2 C1:C8

■2つの表の違いを簡単に見分ける
 ex.左上端がA1の表と左上端がA9の表で差異があるか調べる
   =A1=A9 と入力しCtrl+enter

■スライサーでピボットテーブルの項目を抽出
■数式に名前を付けて使いまわし
■配列数式 Ctrl+Shift+Enter
 指定した条件に合致するセルのデータを抜き出して平均値などを求める

■関数
 SUBTOTAL オートフィルターを使って抽出したデータの合計値を求める
      第一引数の値 1=AVERAGE、9=SUM
 Numberstring 数値を漢数字に変換
       (関数の挿入ダイアログボックスに登録されていない関数らしい)
 DATEDIF 指定した二つの日付の間の日数を求める
     (関数の挿入ダイアログボックスに登録されていない関数らしい)
 REPT関数を使ってグラフをつくる。。。
      セルに入力されている値に応じて「■」などの記号を表示することで簡易グラフが作成可能

■グラフ
 グラフにデータをコピー&ペーストすることでデータ範囲を追加可能
 グラフの行と列は入れ替え可能
 グラフの縦軸は反転可能。その場合、軸ラベルも「上端/右端」にしたほうがいいかも。

■ショートカットキー
 Shift+F3 関数の挿入
 Ctrl+Shift+A 関数の引数を調べる
 Ctrl+A 関数の引数ダイアログボックスを表示
 Ctrl+{ 数式が参照しているセルを確認
 Ctrl+Shift+% %の表示形式に設定

 表中の任意のセルを選択してCtrl+A 表全体の選択
 オートフィル:フィルハンドルをダブルクリックすると、自動的に入力範囲を認識してコピーされる

JUGEMテーマ:パソコン快適生活
0
    tintsetp * Microsoft Excel * 16:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ
    /div